< < 第2日目 | TOP | 第4日目> >
第3日目 [2001.09.21] オークランド〜テームズ〜フィティアンガ(マーキュリー・ベイ)
Kiwi Experience

今日から4泊5日でニュージーランド北島の街を周遊するツアー Kiwi Experience に参加する。

Kiwi Experience は、ツアーといっても街から街へのバスでの移動と、ユースホステルやモーテルなどの宿泊施設のブック(予約)だけをしてくれるだけの簡単なもの。
宿泊先は Kiwi Experience が勧めているところなら安くなる。でもそこに泊まらなければならないわけでもなく、自分たちで勝手に探しても全然オッケー。
各種アクティビティも Kiwi Experience を通じてブックすれば安くなる。

しかもツアーチケットの期限は半年。
半年以内ならいつでも好きな時、気が向いたときに毎日定時に出発する街から街へ移動するバスに乗り込めばよいのだ。
(バスの移動は一方通行で、前の街に後戻りして移動することはできない。)

完全にバックパッカーズ向けのツアーで、参加する人もだいたい3〜4ヶ月かけて各街を周る。
かなり自由な旅ができるツアーになっている。
参加者はヨーロッパ人が多いらしく、日本人の参加はほとんどないらしい。
日本人ばっかのツアーより全然いいよね。

今回は GEYSERLAND & LAKE というコースで申し込んだ。
オークランド、フィティアンガ、ロトルア、ワイトモ、タウポ、ハミルトンを周るコースだ。
費用は$175で、約9000円。安い。日本じゃまずない金額だろうね。
最短で4泊5日で周れるコース。これを最短で周る予定だ。

オークランド

今日は Kiwi Experience 第1日目。
オークランドからテームズを経由してフィティアンガへ向かう。
まずはオークランドを軽く周った後、Mt.Eden へ。

360度のパノラマ。
Mt.Eden の頂上からはスカイタワー、ハーバー・ブリッジなどオークランド全体を見渡すことができる。
頂上付近では牛が放し飼いにされている。

Mt.Eden を出発し Mortor way (高速道路) に乗りテームズへ。
道中は草原が広がり、羊、牛、馬がゆったりとした時間を過ごしている。
普通に羊がいるよ。さすが人口を上回る羊がいるだけのことはある。

テームズ

テームズに到着し昼食。
マクドナルドで食べてみた。
ニュージーランド オリジナルのバーガーでキウィ・バーガーってのがあった。
ニュージーランド人はキウィ(Kiwi)と呼ばれていて、このキウィ・バーガーもニュージーランド人が好きなものを入れたバーガーらしい。
中身は肉、キャベツ、目玉焼きの他に「赤いも」が入っている。
この赤いもがニュージーランド オリジナルらしい。
味はまぁまぁ。日本のバーガーとそれほど変わりはないかも。量も普通だし。
フライドポテトはちょっと塩味が効いてた。
# 実は超どでかいバーガーとかを期待してたりした。
30分程いて、すぐに出発。結構慌しいなぁ。

コロマンデル半島

また羊の丘を通り抜け、着いたのはコロマンデル半島。
途中、海が見渡せる場所でバスから降りる。

山が海まで迫り、非常に変化に富んだ海岸線が創りだされている。
遠くには海岸線が出現。海も近いところはエメラルド・グリーンに、遠くは深いブルーになっている。潮の香りが漂う。

崖の上の方から浜辺まで下りれるみたいなので、行ってみる。坂は結構下っている。
浜辺まで辿り着いた。人工的なところが全くない。素晴らしいね。
マリンスポーツも楽しめるみたいだ。

バスの運転手に何時までに戻ればいいのかを聞かずに、結構遠くまで足を延ばしてしまった。
周りには同じ Kiwi Experience の参加者は見当たらない。
置いていかれる!と思って急いでバスに戻ると、まだ誰も戻ってない。
1時間はそこに居れたらしい。
もうちょっとさっきの浜辺に居たかったなぁ。ちょっと残念。
ま、崖の上からゆっくり景色でも眺めてよう。


再度バスに乗り、宿泊先のユースホステル「バッファロー・ピークス」へ到着。
Kiwi Experience でブックすればその宿泊先まで送ってくれるみたいだ。
他にも1組、同じユースホステルに泊まるようで、一緒に下車。
他の人たちは別のところに泊まるんだろう。

部屋は結構広い。ベッドが二つ入っていてもまだ余裕がある。
更にトイレとシャワールームも完備。
これでなんと$20、約1,000円!安い!
日本じゃ考えられないね。
ユースホステルやモーテルなどの宿泊施設では食事は自分たちで料理するのが普通みたいだ。
だいたいどこでもキッチンが付いている。
今日は夕方5時からクルージング & バーベキューに参加することにしているからそれが夕食だ。

クルージング

5時にバッファロー・ビーチの浜辺に行く。
Kiwi Experience の運転手は浜辺がクルーザーに待ってるって言ってたけど、おいおいどこだよ?
なんか人影が全然見当たらない。
他の参加者もいないな。もうあと数分で5時だぞ。

っと思ったらやっと見つけた。
看板とか目印が全然出てないし、人通りもないから全然わからないぞ。
ま、とりあえず見つけたからよしとするか。

クルーザーはかなり小型のもので、アットホームな感じが漂う。
10人乗るくらいがちょうどいいくらいかな。それ以上乗ると窮屈だろう。
他の参加者も何人かいて、全部で10人くらいだったな。
軽く水辺を流していく。
まだ明るいけどちょっと曇り気味で寒い。上着を着ていても寒い。

大きいクーラーボックスからビールが差し出される。
こっちのビールは LION RED と GOLD EXPORT ってのが有名らしい。
GOLD EXPORT を手にとりぐいっと飲む。
ビールと一緒にポテトチップと、サワークリームが出てきたので、つまむ。
こじんまりとしてるけど、なんかいい感じ。

ある程度流してから、あるポイントでクルーザーが止まった。
バーベキューだ。
運転手とその補助の人が肉やらソーセージやらを焼いてくれる。
そうこうしているうちに日も沈み星が見えてくる。
星空を見ながらビール & バーベキュー。いい感じよ。

そしてクルーザーも錨を上げて動き出す。
2時間程過ごしてクルージング & バーベキュー終了。
帰りに翌朝の朝食のためにサンドイッチをテイクアウェイしてくる。ついでに酒とつまみも購入。

夜空

帰り道に夜空を見上げたら・・・すげー!
空一面、★、★、★・・・。
プラネタリウムみたいだ。いや、プラネタリウムより凄い!
ひしめくように星が輝いている。
南十字星がどれかわからなかったけど、オリオン座が見えた。
いわゆる「オリオンの小便」といわれる星の密集部分もハッキリ見える。感動。

バッファロー・ピークスに戻り、酒を飲んでおやすみ。
< < 第2日目 | TOP | 第4日目> >