« 『探偵ガリレオ』(東野圭吾著) | メイン | 「カイジ」、アニメ開始 »

『予知夢』(東野圭吾著)

『予知夢』(東野圭吾著)を読んだ。

『探偵ガリレオ』の第二弾。

今回も、天才物理学者の推理が冴え渡る。
そして3文字の題名も健在。

・夢想る(ゆめみる)
・霊視る(みえる)
・騒霊ぐ(さわぐ)
・絞殺る(しめる)
・予知る(しる)

題名からも分かるかもしれないけど、今回はさらにオカルトめいた事件。
それを快刀乱麻を断つがごとく、ばっさりと。

ただ、すべてが科学で解明されるかというと、
「予知る(しる)」の最後なんかをみると、そうでもないことが。

こっちの方もフジテレビのドラマ化の対象になるのかな?
ドラマも楽しみだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/215

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年10月09日 00:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『探偵ガリレオ』(東野圭吾著)」です。

次の投稿は「「カイジ」、アニメ開始」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type