« 『幻夜』(東野圭吾) | メイン | eバンク銀行から即、競馬投票 »

『天空の蜂』(東野圭吾)

『天空の蜂』(東野圭吾 著)を読んだ。



まだまだ続く、東野圭吾さんの著書、読み漁り。



『幻夜』の779ページに続き、こちらも622ページと、長め。



超大型ヘリコプターが、犯人によって原子力発電所の上空にてホバリング。

日本にあるすべての原子炉を停止・破壊しないと、数時間後には原子炉へ墜落してしまう。

そしてちょっとした悪戯から、墜落されるヘリコプターには子供が閉じ込められる、更なる悲劇。



多方面から犯人を絞り、もどかしくも解決を試みていく。

その緊迫感に引き込ませられる。



テロリストと言ってしまえばそれまでかもしれないけれど、

そうとも言えない、犯人のメッセージ。

それはおそらく、本の中の世界ではなく、実際に呼んでいる読者へ語られているものなんだろうな。







トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/209

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 『天空の蜂』(東野圭吾):

» 天空の蜂@東野圭吾 送信元 K's Labo
皆さん、原子力発電所についてどんなイメージをお持ちですか? 「無くてはならないも... [詳しくはこちら]

» 「天空の蜂」東野圭吾 送信元 ひだまりのかけら
奪取された超大型ヘリコプターには爆薬が満載されていた。 無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。 日本国民すべてを人質にしたテロ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年09月10日 00:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『幻夜』(東野圭吾)」です。

次の投稿は「eバンク銀行から即、競馬投票」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type