« 『嘘をもうひとつだけ』 | メイン | 箱根・大涌谷(2007/4/29) »

『真夜中のマーチ』

『真夜中のマーチ』(恩田陸著)を読んだ。

100億円めぐる、犯罪、恋、笑いが混ざったストーリー。
でもそんなストーリーとは逆に、なんだか知らないけどほのぼのした感じがある。
人間味にあふれているからかな。

100億をめぐり暴力団、社長、マフィア、金持ちなどが、それぞれの思惑を胸に大騒動を起こしていくのはなかなか面白い。
それぞれが事実とは異なる思い込みをしていて、それを利用していかに自分達がうまく立ち回れるか。


100億あったら自分ならどーすっかなー?


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/184

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年04月27日 13:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『嘘をもうひとつだけ』」です。

次の投稿は「箱根・大涌谷(2007/4/29)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type