« 久々の熱 | メイン | 『試験に出るパズル』(高田崇史著) »

『少年計数機』

『少年計数機』(石田衣良著)を読んだ。 『池袋ウェストゲートパーク』の第二弾だ。

今回も、主人公の真嶋誠が自宅の果物屋を中心に、池袋のグレーゾーンのトラブルをクールに解決していく。

いろいろな登場人物の心情が描かれていくんだけど、
直接的な単語での表現ではなく、比喩的表現、客観的状況から、人々の心情が描写されているのが、クール。
もちろん主人公の真嶋誠も例外ではない。

トラブル解決のストーリーもよいけど、クールな表現が読んでて楽しいね。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/159

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年11月30日 19:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「久々の熱」です。

次の投稿は「『試験に出るパズル』(高田崇史著)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type