« ずどんと。 | メイン | スト »

新川崎の怪しい人たち

新川崎の駅には、よく機材を構えた、怪しげな人たちが出現する。

この前、帰宅が深夜になり、タクシーで駅前の駐輪場にとめたバイクのとこで降りたら、男が一人、怪しいでかい黒光りの箱を肩から下げ、両替機の後ろで身構えていた。
さらに数メートル先には同じような男。
やべ、最近よくきく、両替機荒らしか。

何気なくバイクに乗るふりをして様子を伺っていると、男はおもむろに箱を開け、何やら機材を取出し組み立てはじめた。
向うもこっちを警戒している。

身の危険を感じると同時に、男は機材を身構え立ち上がり、機材をこちらに向け、、、ずに、あらぬ方向へ。。。?

駐輪場の柵の向う?数メートル下の地面からつづく、線路と貨物列車しかないぞ?
男が手にしているのは、、カメラ。
しかも大枚を叩いているであろう、プロ仕様のカメラ機材。

カメラ小僧?(小僧と言っても大の大人だが)

数メートル先の男も、よく見るとスコープ越しに、暗闇の列車たちにロックオン。

怪しげに思いつつ、そっと後にした。。

新川崎の駅前には貨物列車の溜り場があり、特急列車もその横を通り過ぎる。
その上を陸橋が横断している。

カメラ小僧の多くは陸橋の上か、線路に並行する駐輪場に構え、どうもそれらの列車にピントを合わせているらしい。

いったい何を撮っているのだろう?
誰か教えて!


About

2006年03月14日 10:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ずどんと。」です。

次の投稿は「スト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type