« 『ナラタージュ』 | メイン | 変えた。変わる。 »

『容疑者 X の献身』

「容疑者Xの献身」(東野桂吾 著)を読んだ。 天才数学者vs.天才物理学者。 謎を創る数学者、謎を解く物理学者。 推理を巡る対決。 おもしろい。

推理小説はよく、話が入り組んでいて、おもしろいながらも、途中からついていけないこともある。それでももちろん食らい付いていくけど(笑)、この小説は、それがなく、非常にシンプル。
なんでだろう?
最初に登場した人物と構成がそのまま貫かれ、途中からの介在者による雑音がなく、クリアなメッセージのまま受け入れやすいんだろうな。

しかし、タイトルにある“献身”という言葉では言い表わせない真実に驚いた。うなってしまったよ。

話の終結はなんとなく見えてしまったけど、胸がいっぱいになったね。
満足感ある一冊だ。
ぜひオススメ。


About

2006年03月31日 23:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「『ナラタージュ』」です。

次の投稿は「変えた。変わる。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type