« まゆげは何のために? | メイン | 台風りんご »

『博士の愛した数式』

最近、小説をいろいろ読み出していて、今度は 「博士の愛した数式」 を読んだ。

やさしい内容。
難解な数式なんかもでてくるけど、それ自体が表す意味を理解するんではなくて、それがもたらす意味を楽しむ、といった感じ。
もちろん数学に疎い人でも十分に楽しめるよ。

次は、今話題の「ダ・ヴィンチ・コード」を読むかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/123

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年10月07日 13:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まゆげは何のために?」です。

次の投稿は「台風りんご」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type