« あの映画のココがわからない | メイン | 素朴な疑問 »

携帯でバーコード読み取り

最近、雑誌とかでよく、アクセス用の2次元バーコードを見る。
最近の携帯についているバーコードリーダで読み取ると、Webサイトのアドレスに変換される。
面倒くさいアドレスの入力をする必要がなく、カメラでとればアクセスできてしまうというもの。
何かのCMでもやってたな。

使い方によっては、なかなか便利。
雑誌とかで、その会社や商品のWebページに飛ばしたり、にはいーかもね。
文字列とかも、自分で簡単にバーコード化できるので、メッセージを伝えるってのも面白い使い方かもしれない。

今週発売の週刊スピリッツで、「気まぐれコンセプト」っていう広告会社の面白いマンガがあるんだけど、この4コママンガの最後のオチがこの2次元バーコードになってた。
アクセスしてみたら、
「お誘いありがとうございます。みなさんの前で言うと角が立つので、バーコード化した情報でお答えします。私の返事は以下の通りです。「私クラスの女が、あんたみたいなタコ男とつき合うわけないじゃん」。」
だって!
まぁマンガを見ないと何のことやらさっぱりわからないだろうけど、こういう使い方ってのもアリかも。

それでこのサイトのアドレスも作ってみた。
是非アクセスしてみておくんなまし。
orangelip_i.gif

自分でバーコードを作るには、NTTドコモから無料でツールがダウンロードできる。
DoCoMo Net - バーコード読取機能

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/115

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 携帯でバーコード読み取り:

» 気まぐれなカガミ 送信元 Five Colors
週刊ビッグ・コミック・スピリッツNO.37・38、323P「気まぐれコンセプト」より。 鏡とは姿を映す道具、鑑とは手本・模範。各務は人名だったり地名だったり。 [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年07月12日 20:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あの映画のココがわからない」です。

次の投稿は「素朴な疑問」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type