« アマゾンの商品を自分のデザインで紹介できる方法 | メイン | 『ドラゴンヘッド』 »

『CASSHERN』

C A S S H E R N . C O M
たったひとつの命を捨てて生まれ変わった不死身の体。
鉄の悪魔を叩いて砕く、キャシャーンがやらねば誰がやる!

映画「CASSHERN」を見た。
CMとか見てる人は、映像美に凄く期待していると思う。
そう、映像はCGを駆使し、音楽もテンポ良く、素晴らしかった。

ただ、この映画、一番感銘を受けるのは、映像美ではない。
ストーリーの根底に流れる、1つのメッセージ。
人が生きていく上で、意識から忘れられている、でも考えなきゃいけないこと。
これは、実際に映画を見て感じて欲しいけど、見終わった後は、映像美よりもそのメッセージがアタマに残る。
今現在、アメリカが起こしているテロ問題が、頭をよぎった。アメリカは善なのか?ということ。
映画を見てもらえると、わかると思う。

例えばマンガでいうと「デビルマン」や「寄生獣」が近い。
一見、表向きはバトルがメインだったりするけど、実はそうではなく、もっと奥底にメッセージが隠されている。
スケールも大きい。
そう考えると、一昔前のマンガは、奥深かったなぁと思う。
最近のマンガは、ちょっと表面的なもの、どれだけキレイに描くかとか、どれだけ面白く魅せるかとかに、囚われすぎている気がするな。

というより、そもそもこの映画の元はアニメなんだけどね。
タツノコワールド-新造人間キャシャーン-

もちろんCGも本当に素晴らしい。
街並みや機械などは、ファイナルファンタジーの世界。
少なからずFFの影響を受けていると思われ。
ところどころでは、宇多田ヒカルのDVDの映像を彷彿とさせる場面がある。
バトルシーンはかっちょいい。
かっこいい、ではなく、かっちょいい、だ。

単に映像美が好きな人だけ見るのは、もったいない。
是非、いろんな人に、特にいわゆる世の中の「勝ち組」みたいな人に見て欲しい映画だ。


ちなみに公開前からみたいと思ってたので、既に一度書き込み済み。参考まで。
CASSHERN

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://orangelip.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/77

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 『CASSHERN』:

» 憎しみと闘い、愛とキャシャーン(CASSHERN)を見て思うこと… 送信元 takeratta::Blog+
C A S S H E R N .com つい昨日、憲法改正と戦争と平和について考え始めたときに、 ちょうどこの映画にであいました。 cちゃんのお薦めもあって、お昼過ぎに、見てきました。cちゃんごめんね。 タツノコプロでおなじみの新造人間キャシャーンの実写版。 #タツ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2004年04月29日 23:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アマゾンの商品を自分のデザインで紹介できる方法」です。

次の投稿は「『ドラゴンヘッド』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type